着物のリサイクルをしたい

着物 リサイクル

 

着物のリサイクルをお考えですか?

 

はじめまして。
50代の主婦です。
先日、義母が亡くなったので遺品整理をしていたところ、タンスの中から大量の着物が出てきました。
うちは嫁姑問題などは一切なく、とても優しい義母で私も大好きでした。
そんな義母が残した遺品の着物なので、そのまま遺品整理で処分するのではなくリサイクルしたいと思っています。

 

といっても、私は着物を着る習慣はないですし、あいにく子供は男の子ばかりなので他に着物を着てくれる家族もおりません。
知人や親戚にも着物を着るような人はおらず、義母が遺した大量の着物をどうしようかと悩んでいます。
亡くなる前、義母は遺したものは全て自由に整理してよいと言ってくれていました。
義母が遺した着物なので、せっかくなら私が着ようかなと思ったのですが、かなり大量にあるので家に保管しておくのも大変なんです。
義母の形見として、私が着る用の着物を数着だけ残して、あとはやっぱり処分というかリサイクルに出そうかと思っています。

 

というわけで、着物のリサイクルの方法について私なりに調べてみました。
私と同じように、着物のリサイクルについて困っているという方の参考になればうれしいです。


着物のリサイクルの方法とは

着物 リサイクル

 

一口に着物のリサイクルといっても、いろいろな方法が考えられますよね。

 

自分で再び着るような着物のリサイクルもあると思うし、誰か他の人に譲って着てもらうというリサイクルもあるかと思います。
譲る方法というのも、知り合いや親戚にあげるということもあれば、支援団体のようなところに着物を寄付してリサイクルするという方法もあるかと思います。
あるいは着物をそのままの形でリサイクルするのではなく、他のものにお直しして活用するというリサイクル方法もありますよね。
最近は着物をリメイクして、小物や洋服っぽくするのも流行っているそうです。

 

着物のリサイクル方法としては、これ以外にも単純に売るということもあると思います。
リサイクルショップなどに着物を売れば、他の誰かが買ってまた着てくれるわけですから、着物のリサイクル方法の一つといえますよね。
とくに最近では外国人の間で着物がブームになっているらしく、着物というのは日本国外での需要が結構あるのだとか。
実は、最近では着物のリサイクル市場はすごい盛り上がっているらしく、着物って思いのほか、高く売れるそうなんです。
ということで、ここでは数ある着物のリサイクル方法について、自分なりにまとめてみました。

 

他の人に譲って着物をリサイクルする

着物 リサイクル

 

着物のリサイクルの一つの方法として、他の人にゆずるという方法がありますね。
もちろん自分が着るのもいいと思いますが、あまり着物を着る習慣がないのであれば、普段から着物を着る習慣のある人にお譲りするのが一番だと思います。
これが一番理想的な着物のリサイクル方法かなと個人的には思います。
着物としても、本当に着物が好きな人に来てもらった方が嬉しいと思います。

 

ただ、一番問題なのは、現代の日本において、着物を着る習慣のある人というのはほとんどいないということですね。
少なくとも私の周りには普段から着物を着るという人はいません。
亡くなった義母も日常的に着物を着ていたわけではなく、お出かけのときとかちょっとおしゃれするときにだけ着ていたようです。
今の日本だと、なかなか普段着のように着物を着る人はいませんが、ここ一番のおしゃれのときに着るという人は案外多いのかもしれませんね。
着付け教室が流行っていることも考えると、着物を着てみたいという潜在需要は結構あるのかも?
そう考えると、こういった人達に着物を譲ってリサイクルすると言うのは全然アリですよね。

 

着物を寄付してリサイクルする方法もあり?

着物 リサイクル

 

もう一つの着物のリサイクル方法としては、着物を寄付するということ。
支援団体などに着物を寄付して、どなたかに着てもらうというリサイクル方法もあるかと思います。
着物を寄付することが出来るか調べてみましたが、一応、着物の寄付先となるような団体はあるみたいですね。

 

ただ、着物を糸や繊維に戻してリサイクルしたり、リサイクルショップが寄付と称して仕入れしているような団体だったりと、正直、まっとうな寄付先といえるのかどうかはちょっと微妙でした。
もちろん、糸や繊維に戻すリサイクルというのも、まっとうなリサイクルだとは思うのですが、着物を大切にしてきた人の気持ちを考えると、そのままの着物として着てくれるリサイクルの方がいいかなぁと個人的には思いました。
また、着物の寄付をネットで募っているところはあるものの、送料はこちら負担なんですよね。
まぁ、それはある意味当然なのかもしれないけど、お金払ってまで着物を寄付するのもちょっと・・・・って正直思ってしまいました。
送料無料で送るだけで着物の寄付が出来るところがあるといいのですが、私が調べた限りでは、そういう着物の寄付先は見つかりませんでした。

 

着物のリメイク、お直ししてリサイクルする方法

着物 リサイクル

 

着物のリサイクル方法として、そのままの着物の形ではなく、リメイク、お直しをして活用するという方法もあります。
とくに最近は着物をリメイクするのが、ちょっとしたブームになっているのだとか。
着物リメイクにもいろいろなアイディアがあって、ちょっとした小物にしたり、ドレスやワンピースといった本格的な洋服に大胆にリメイクすることも出来るそうです。
たしかに、着物って普段はなかなか着る機会もないから、いっそのこと洋服や小物にリメイクして普段使いするというのもアリかもしれませんね。

 

ただ、着物をリメイクするのって、技術的にかなり難しそうです・・・・。
普段から裁縫などを趣味としてやっている人でないと、着物をリメイクするのは大変そうですよね。
最近では着物リメイクを専門的に扱っているお店やサービスも出てきているようです。
小物やドレス、ワンピース、羽織などに着物をリメイクしてリサイクルしたいという人は、そういった着物リメイク専門店を利用するというのも一つの方法かなと思います。

 

着物を売ることでリサイクルできる

着物 リサイクル

 

着物のリサイクルの方法として、最後は着物を単純に売ってしまうということ。
何となく義母の形見の着物を売ってしまうのは抵抗があったのですが、よくよく考えてみると売った着物というのは、買い取られた後にリサイクル市場で転売されるわけです。
そうすると中古の着物を購入した方が、また着物として着てくれるわけで、立派な着物のリサイクルと言えますよね。

 

実は着物のリサイクル市場ってかなり大きいそうです。
実際、「リサイクル着物」という言葉があるぐらい、中古の着物をリサイクルして着るというのは一般的なことなのだとか。
江戸時代なんかは、着物はどんどん複数の人が着ていって、完全にリサイクルされていたそうですよ。
着物を売るなんてちょっと・・・と思っていたのですが、リサイクル着物として、また他の誰かに着てもらえると思えば、着物のリサイクルの一つの方法として全然アリですよね。

 

しかも、最近は外国人の間で着物がちょっとしたブームになっているのだとか。
日本のお土産としても喜ばれるし、日本のアニメ人気もあって、ちょっとしたコスプレの衣裳としても需要があるとか。
日本の伝統工芸品の着物や、有名作家ものの高価な着物なんかは、中国のお金持ちの間ではかなり人気らしく、思いがけない高値で売れることもあるとか。
うちの義母のように、タンスの中に大量の着物があるというものの中には、実はすごく高価な着物が入っていることも珍しくないそうで、本人もびっくりするような値段で売れることもあるそうですよ。
私も、形見の着物を何着が残して、それ以外の着物は家に保管してタンスの肥やしにしておくのももったいないし、この際、売ってしまおうかと思っています。
義母としても、タンスの肥やしで持ち腐れになっているよりは、リサイクルして他の誰かに着てもらったほうが、きっと喜ぶと思います。

 

ということで、着物のリサイクルの一つの方法として、着物を売る方法についても調べてみました。


着物を売ってリサイクルする方法

着物 リサイクル

 

ここでは着物のリサイクルの一つの方法として、着物を売る方法についてまとめてみました。

 

着物をどうせ売るのなら、1円でも高く売りたいですよね。
そこで、着物を少しでも高く売るために注意すべきことをまとめてみました。
まず着物を売るといっても、実はいろいろな方法があります。

 

着物を売る方法として、主に考えられるのは下記の3つです。

 

リサイクルショップに着物を売る
ヤフオクなどのネットオークションで売る
着物買取サイトに売る

 

着物を売る方法について、一つずつご紹介しますね。

 

1.リサイクルショップに着物を売る

着物 リサイクル

 

着物を売ってリサイクルするとして、一番最初に考えられるのがリサイクルショップなどに着物を売るということです。
着物を売るといっても、どういったところで売れるのかが分からないという人は多いと思います。
普通の洋服であれば、最近はセカンドストリートやジャンブルストアといった古着買取ショップも増えてきました。
でも、着物を買い取ってくれるところって、あまり聞かないですよね。
一番、身近で思いつくのがリサイクルショップでしょうか。

 

リサイクルショップであれば、洋服や家電、バッグ、貴金属といったものであれば何でも買い取ってくれます。
着物についてもリサイクルショップで買い取ってくれるのでしょうか??
一口にリサイクルショップといっても、それぞれのお店で取り扱いしているものが違うので、着物を買い取ってくれるかどうかは一概にはいえません。
ただ、一般的に普通のリサイクルショップには、着物のことに精通している店員さんはほとんどいないと思っておいたほうがよいです。
そのため、着物を適正な値段で買い取ってもらうことは期待しない方がいいでしょう。

 

着物というのはすごく奥深くて、素人では到底、適切な査定は出来ません。
素人の私が調べただけでも、着物にはすごくいろいろな種類があり、正絹(しょうけん)の着物で、格が高いものでないと値段がつけづらいとか、非常に難しいです。
伝統工芸品や有名作家ものの着物であれば、すごい高値で買い取ってもらえる可能性があるようですが、それもその価値を見極めてもらえないと意味がありません。
近所のリサイクルショップの店員さんに、着物の価値を見極めてといっても無理な話しだと思います。

 

リサイクルショップでも着物は売れるかもしれませんが、高価買取は期待しない方がよさそうです。
少しでも着物を高く売りたいと思っているなら、リサイクルショップで売るのはやめておいた方がよいかもしれませんね。

 

2.ヤフオクなどのネットオークションで売る

着物 リサイクル

 

着物を売ってリサイクルする方法として、2つ目はヤフオクやメルカリといったネットオークションで売るというもの。
リサイクルショップの店員さんには、着物に精通した人はいないかもしれませんが、インターネット上では着物に詳しい人はいるはずです。
そういう人にきちんと着物の価値をみてもらえれば、より高く着物を売れる可能性はあると思います。
何より、ヤフオクやメルカリといったネットオークションであれば、自分の希望の値段で出品することができます。
自分の希望価格以下の値段で売る必要はないので安心ですよね。

 

とはいえ、決められるのはあくまでも出品価格。
実際にその価格で落札してもらえるかは分かりません。
また、そもそも出品価格を決めると言っても、そもそも着物の相場が分からないと、いくらぐらいで出品すればいいのかも分かりませんよね。

 

また、ヤフオクやメルカリといったネットオークションの場合、いろいろなトラブルも心配です。
個人情報も明かさないといけませんし、中には変な人もいるので注意が必要です。
自分に悪気がなかったとしても、有名作家ものの着物だと思って出品したら、実は偽物とわかってトラブルに発展したという話も聞きました。
知らなかったとしても、ヤフオクやメルカリに偽物を出品して売るというのは犯罪行為にあたります。
こういったことを聞くと、ヤフオクやメルカリに着物を出品してリサイクルするというのはちょっとな・・・て思いました。

 

3.着物買取サイトに売る

着物 リサイクル

 

着物を売ってリサイクルする方法として、着物買取サイトというのもあるようです。
ちょっと調べてみたら、実は着物買取サイトというのが結構あるようです。

 

着物買取サイトというのは、ネット上で着物を専門的に買取しているという業者さんです。
有名なところだと、買取プレミアム、スピード買取、ヤマトク、久屋などがあるようですね。
とくにスピード買取.jpは、最近は坂上忍さんのCMもやっていて、口コミでも評判になっているそうです。

 

これらの着物買取サイトは、着物を専門的に買い取りしているため、当然ですが着物には精通しています。
着物の知識が半端ないため、着物をきちんと査定して、適正な値段で買い取ってくれるみたいです。
これらの着物買取サイトというのは、買い取った着物をリサイクル市場で転売することで利益を出していきます。
リサイクル市場として、BtoC、BtoBの多用な販売チャネルをもっているため、着物を高く買取することが出来るのだとか。
しかも、ほとんどの着物買取サイトの場合、国内市場だけではなく、外国市場の販売チャネルももっているため、外国人のインバウンド需要もあって着物を高く売れるのだとか。
こういった需要、ニーズに支えられていて、着物は仕入れれば仕入れられるほど利益が出る状況みたいなので、着物買取サイトとしても、どんどん着物を買い取っていく方針なのだそうです。
そのため、スピード買取.jpのように、CMや新聞広告をバンバン出しているという状況なのだとか。

 

リサイクルショップには着物の価値をきちんと見極められる人はほとんどいないですし、ヤフオクやメルカリといった個人売買には不安もあります。
それなら着物を専門的に買取してくれる着物買取サイトに売ってリサイクルするというのがいいのかなと思いました。


着物買取サイトが着物のリサイクルに最適な理由

着物 リサイクル

着物のリサイクルをするなら、着物買取サイトに売るのが一番です。

 

着物買取サイトを利用するのがおすすめな理由はこちらの三つです。

 

完全無料
査定だけでもOK
複数の会社の査定を比較できる

 

着物買取サイトがおすすめな理由を一つずつご紹介しますね。

 

1.完全無料

着物 リサイクル

まず第一に、着物買取サイトは完全無料で利用できるということです。
着物買取サイトは、訪問買取または宅配買取で着物を売ることが出来ます。
訪問買取というのは自宅まで出張してきて着物を査定&買取してくれるというもの。
宅配買取は、着物を宅配便で送ることで査定&買取してもらえます。
その際、出張料や送料などは一切かかりません。
さらに査定や買取の手数料などもかかりません。
つまり、完全無料で利用できるということになります。

 

2.査定だけでもOK

着物 リサイクル

さらにほとんどの着物買取サイトの場合、査定だけでもOKでお金は一切かかりません。
どういうことかと言うと、訪問買取、宅配買取で査定してもらったとしても、買取を強制されることはありません。
買取キャンセルしたとしても、お金は一切請求されないので安心なんです。
訪問買取だからといって出張料を請求されることはないし、宅配買取の場合も送料などを請求されることはありません。
つまり、査定だけでもOKなので、着物を売ってリサイクルするのなら、とりあえず着物買取サイトの無料査定を受けてみるというのは全然ありだと思います。

 

ただし、中には返送料を請求されたり、出張料を請求されるような場合もあるようなので注意しましょう。
このサイトでご紹介している着物買取サイトなら、完全無料で出張料や返送料を請求されることもないので安心です。

 

3.複数の会社の査定を比較できる

着物 リサイクル

着物買取サイトがおすすめな理由としては、複数の会社の査定を比較できるということです。
これは2の査定だけでもOKに関わってきますが、査定だけしてもらえば複数の買取業者の査定を比較することができます。
そもそも着物を売ってリサイクルするといっても、買取金額の相場がわかりませんよね。
1社だけの査定だと、それが高いのか安いのかも判断が出来ません。

 

一方、複数の会社の査定額をもらえば、査定額が高いか安いか比較出来ますし、それを元に買取金額の交渉だって可能です。
着物買取サイトを利用すれば、複数の買取業者の査定を知ることが出来るので便利なんです。
査定だけしてもらって、あとは近所のリサイクルショップに持ち込んだり、ヤフオクやメルカリに改めて出品するというのもアリだと思いますよ。

 

 


着物のリサイクルに最適な着物買取サイトランキング